フィットネス

なんでお腹の脂肪が落ちないの?6つの原因とは?

年を重ねるごとに気になるお腹周りの脂肪。

特に夏場は、薄着になる機会も多くなり、余計に気になりますよね。

こちらでは、お腹の脂肪が増えてしまう原因と対策をご案内いたします。

脂肪って何?

カラダの脂肪は大きく分けて2種類あります。

皮下脂肪:皮膚と筋肉の間に付く脂肪。外からの衝撃を守るクッションの役割を持つ。

内臓脂肪:名前の通り、内臓のまわりに付く脂肪。
この内臓脂肪がつきすぎると、様々な悪影響がカラダにあります。

たとえば、このようなものがあります。

  • 心臓病
  • 心筋梗塞
  • 高血圧
  • 脳卒中
  • 2型糖尿病
  • 喘息
  • 乳がん
  • 大腸がん
  • アルツハイマー認知症

お腹に脂肪がつく6つの原因

mohamed_hassan / Pixabay

偏った食事

Free-Photos / Pixabay

砂糖を多く含む食べ物(ケーキ、キャンディー、清涼飲料水)は、体重の増加や代謝の低下、そして脂肪の燃焼をスローダウンさせてしまいます。

また、脂肪分を多く含むタンパク質は、なかなか満腹感を得られずに食べすぎてしまいます。
みなさんもファストフードを食べ過ぎた経験があると思います。

この脂肪の中で、特に気を付けたいのが、トランス脂肪酸です。

天然にできるトランス脂肪酸

牛や羊などの動物では、胃の中の微生物により、トランス脂肪酸が作られます。
そのため、乳製品には微量のトランス脂肪酸が含まれています。

人工的なトランス脂肪酸

人工的なトランス脂肪酸が多く含まれている代表的なものが、揚げ物です。ファストフード店や多くのレストランでは、比較的安く、味も良くするこの油がよく使用されています。

トランス脂肪酸を多く摂取する事は、生活習慣病になるリスクを高くします!

注意点

WHOは、「トランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギーの摂取量の1%以下」を推奨しております。

農林水産省によると、多くの日本人の平均総エネルギー摂取量の0.44~0.47%と基準値以下なのですが、食生活によっては、トランス脂肪酸摂取量が多くなるので注意が必要です。

すぐにわかるトランス脂肪酸

お酒の飲みすぎ

jarmoluk / Pixabay

お酒の飲みすぎは、肝臓など多くの悪影響があります。

また、お酒の飲みすぎは、お腹周りの脂肪増加と関係があると報告されています。

運動不足

Free-Photos / Pixabay

摂取カロリー > 消費カロリー だと体重は増え続けます!

運動はとても重要‼どのようなメリットがある??

ストレス

Alexis / Pixabay

コルチゾールは、ストレスをコントロール際にとても重要な役割を持っています。
しかし、高血圧などの危険な状態の時は、このコルチゾールが分泌され、代謝に影響を及ぼします。

多くの人は、ストレスを感じた時に、食べてストレスを発散しようとします。しかし、コルチゾールは、余ったカロリーを体内にとどめ、結果的にお腹の脂肪になってしまいます。

なので、少しは良いのですが、やけ食いはほどほどに!

遺伝子

これはどうしようもないですよね。

しかし、残念ながら遺伝子と肥満は関係があるそうです。

また、遺伝子だけでなく、腸内細菌も関係しています。
同じ量の食事なのに、自分だけ太るみたいな経験はありませんか?
これには、腸内細菌が深く関係しております。

睡眠不足

Shingo_No / Pixabay

米スタンフォード大学の研究で、睡眠時間と食欲が関係していることが分かっています。8時間睡眠の人より5時間睡眠の人は、食欲を上げるグレリンを増やし、食欲を抑えるレプチンがを下げてしまいます。

また、睡眠不足により、活動量も減ってしまいます。

最後に

こちらでは、お腹まわりに脂肪が付いてします原因をご案内いたしました。

この記事の詳しい内容はこちらから!

ABOUT ME
けんた
けんた
鹿児島生まれの23歳。 高校で不登校になったことをきっかけに、単身でニュージーランドの高校に留学。その後、帰国生入試で日本の大学進学を検討するが、ニュージーランドライフがとても気に入り、現地の大学に進学。大学では、免疫学と遺伝子学を専攻。そして、現在は帰国し、東京でサラリーマン中。 このブログでは、ニュージーランド留学・趣味の筋トレ情報を中心に発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です