ニュージーランド留学

【留学生の就活】内定実績あり!留学生におすすめな就活サイト!

海外に留学する時期や期間によっては、日本での就活はなかなか厳しいのが現状です。

私もニュージーランドの大学に留学していたため、国内学生とは少し違う就活でした。

しかし、就職浪人することなく、無事に日本の企業から内定をいただくことが出来ました。

こちらの記事では、実際に私が利用した、留学生(特に海外大生)におすすめな就活サイトをご紹介します。

はじめに

「留学したら就活が遅れる」とよく聞きます。繰り返しとなりますが、海外の大学に正規留学している学生は特に難しい状況です。

その一番の理由は、「情報量の差」だと思います。

もし日本企業に就職したい場合、もちろん日本に居た方がインターンシップや面接など、比較的容易に参加できます。また、同級生や先輩からアドバイスをもらうこともできます。

それに比べ、海外の大学にはもともと日本人が少ないため、似たバックグラウンドを持つ同級生や先輩を見つけることはとても難しいです。

私も就活を始めた際、誰に聞けば良いか全然分かりませんでした。その際に利用した就活サイトが「キャリタス就活」と「帰国Go.com」です。

留学生におすすめな就活サイト:キャリタス就活(CFN)

国内学生の多くが利用している「キャリタス就活」はDISCOが運用しています。

そして、そのDISCOが毎年開催しているのが「CFN」です。多くの留学経験を持つ学生はこちらを利用した事があるはずです。

CFNとは

簡単にCFNをご紹介します。

CFNとは、主に留学経験を持つ学生向けに開かれている就活イベントです。

毎年、アメリカ・イギリス・中国・オーストラリア・シンガポール・日本で開催されています。この中で一番大きいCFNが「ボストンキャリアフォーラム」です。

日本の有名企業を始め世界でも有名な企業、約200社がボストンに集結します。そして、期間はたったの3日間にも関わらず、内定を得ることが可能です。

https://careerforum.net/ja/

詳しいCFNのご紹介は、違う記事でご紹介予定です。

キャリタス就活エージェントを利用する

このCFNで内定を得るために重要なことが、事前準備です。そこで、私が利用したのが「キャリタス就活エージェント」です。

どのような企業に就職したいのか、現状何から始めたら良いのかなど、様々な情報得ることが出来ます。

その中でも、一番便利なサービスが「エントリーシートの添削」です。

就活を経験した人は分かると思いますが、エントリーシートはとても大事です。

これがダメなら、面接すらしてくれません。

それは、留学生同様で、いくら英語が話せるからといって、エントリーシートがいまいちだと面接まで進めません。

私のエントリーシートが完璧だったと思ったことはありませんが、CFNで申し込んだ企業の6~7割からは面接のお誘いをいただくことが出来ました。

それも、キャリタス就活のサポートがあったためだと思います。

もし何から始めたら良いか迷っている海外大生は、まずキャリタス就活に登録することをおススメします!

キャリタス就活はこちらから

帰国Go.com

帰国Go.comは、CFNと似ていますが、規模が小さめです。

こちらの就活サイトも、海外大生対象に、日本での就活をサポートしています。

CFNとの大きな違いは、掲載されている企業が少ないため、その企業に特化したサービスを受けることが出来る点です。

掲載されている企業は、どこも大企業ばかりです。

例えば、製薬大手のジョンソンエンドジョンソン、三菱、富士フィルム、ニコンなど誰もが知る企業ばかりです。

そのため、もしこのような企業に興味がある海外大生にとっては、特におススメです。

帰国GO.comはこちらから

最後に

こちらでは、海外大生におすすめな就活サイトを2つご紹介しました。

次の記事では、実際に私がどのように日本の企業就職できたのか、ご紹介します!

ABOUT ME
けんた
けんた
鹿児島生まれの23歳。 高校で不登校になったことをきっかけに、単身でニュージーランドの高校に留学。その後、帰国生入試で日本の大学進学を検討するが、ニュージーランドライフがとても気に入り、現地の大学に進学。大学では、免疫学と遺伝子学を専攻。そして、現在は帰国し、東京でサラリーマン中。 このブログでは、ニュージーランド留学・趣味の筋トレ情報を中心に発信しています。
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です