ニュージーランド留学

ニュージーランドで医者になりたい!ニュージーランドの医学部に入学する方法とは

学生
学生
ニュージーランドで医者になりたい
医療関係の仕事に就きたい
ニュージーランドの大学の医学部に日本人が留学できるの?

こちらでは、このような疑問にお答えします。

はじめに

https://kentafitnessblog.com/university-system-854.html


こちらの記事で、ニュージーランドの大学の基本的なシステムをご紹介しています。

基本的な流れなどは同じですが、いくつか異なる点があるので、そちらを中心にご紹介します。

ニュージーランドの大学の医学部入学までの流れ(留学生ver)

lethutrang101 / Pixabay

まずはニュージーランドの大学へ入学

日本の高校卒業後に留学する人、NZの高校から大学に入学する人など、人によって様々ですが、まず大学入学の基準を満たす必要があります。

現地の高校からの場合は、基本的にはNCEAが必要です。

日本の高校からの場合は、高校の成績、そして高い英語力を証明しなければなりません。

もし、上記2つを満たしていなかったり、もっと準備してから入学したいという人は、「Foundation Year」というものもあるので、そちらがおすすめです。

https://kentafitnessblog.com/bridging-514.html

直接医学部には入学出来ません

医学部に入学するためには、高校の成績ではなく、大学1年生の成績で決まります。

この大学1年生で入学する学部を、「Health Science First Year」と言います。
通称、HSFYです。

単位は全部で7つ
2学期制なため、1学期目に4つ、2学期に3つ単位を取得しなければなりません。

1学期(First semester) 
CELS 191 Cell and Molecular Biology
CHEM 191 The Chemical Basis of Biology and Human Health
HUBS 191 Human Body System 1
PHYS 191 Biological Physics
2学期(Second semester)
BIOC 192 Foundations of Biochemistry
HUBS 192 Human Body System 2
POPH 192 Population Health

英語のテストがある

医学部以外に以下の学部に入学を希望する学生は、英語のテストを受けなければなりません。基本的には、HSFY全員受けていますが…

  • 歯学部
  • 臨床検査学部
  • 医学部
  • 薬学部
  • 理学療法学部

英語のテスト内容とは

テスト時間は50分で、3つの能力をテストされます。

  1. Reading Comprehension
  2. Listening Comprehension
  3. Written Communication

内容的には、IELTSみたいな感じです。
特にWritten Communicationでは、与えられたお題に対して、約200文字のエッセイを書かなければなりません。

英語のテストに落ちた場合

この英語のテストに落ちた場合でも、まだチャンスはあります。

テストは、合計2回まで受けることが可能です。

また、2回目を挑戦する前に、1回目の自分の採点結果を確認することが可能です。

もし、2回目がダメだったとしても、ENGL 126(English for University Purposes)という単位を2学期に取得して、パスすればOKです。

ニュージーランドの大学の医学部への合格条件

現地生と留学生では、合格条件が異なっています。また、入学できる人数も違います。そのため、留学生にはとてもハードです。

留学生は、主に2つの分野で評価されます。

HSFY7教科の成績

入学するための成績は、HSFY7教科の平均で評価されます。

明確な合格基準はありませんが、大体全ての教科の平均がA以上って感じです。しかし、年によっては平均がAでも入学できない場合もあるので、注意が必要です。

そのため、多くの教科でA+をとる必要があるため、かなりハードです。

Interview(面接)

こちらは、現地の医学部生にはありません。その代わりに彼らは、UCATという試験を受けなければなりません。

医学部に入学した留学生の知り合いに聞いた話では、「なぜ医学部に入学したいか」や「親の仕事は何か」などの質問だったそうです。

また、留学生ということもあり、スカイプ面接にも対応してくれるそうです。

ちなみに、歯学部の場合、留学生は「HSFYの成績」「UCAT」「Interview」で評価されるそうです。注:2016年時点

さいごに

医学部入学までの流れを簡潔にまとめると、こんな感じです。

  1. HSFYに入学
  2. 7つの必須単位で高い平均をだす
  3. 面接を受ける
  4. 結果を待つ

毎年留学生からは数名しか入学できないので、とてもハードな学部です。

私は無理でしたが、私のフラットメイトは見事入学しました。

実際に入学している人もいるので、不可能ではありません!

https://kentafitnessblog.com/tuition-fee-of-medicine-752.html

ABOUT ME
けんた
けんた
鹿児島生まれの23歳。 高校で不登校になったことをきっかけに、単身でニュージーランドの高校に留学。その後、帰国生入試で日本の大学進学を検討するが、ニュージーランドライフがとても気に入り、現地の大学に進学。大学では、免疫学と遺伝子学を専攻。そして、現在は帰国し、東京でサラリーマン中。 このブログでは、ニュージーランド留学・趣味の筋トレ情報を中心に発信しています。
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です